作品詳細

大酒の合戦 下り酒一番(四)
726円
米の豊作で江戸では酒が余り、各酒問屋は販売不振に悩む。そこで卯吉が思いついたのは、各問屋が酒と呑み手を出し、一番多くの量を呑んだ者が優勝するという「大酒呑み競争」。義母のお丹や二人の兄、そして他の酒問屋の思惑を前に、卯吉は強敵を抑え、見事一番をとることはできるのか――。老舗大店を救うため、今回も若き手代の卯吉が奔走!大人気シリーズ第4弾。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン