作品詳細

シグマフォースシリーズ13 AIの魔女【上下合本版】
1650円
内容紹介人工超知能(Aartificial Super Intelligence )が、人類を滅ぼす。その時が迫っている――世界35カ国で翻訳、全世界累計2,000万部突破ベストセラー・シリーズ最新作!人類に福音をもたらすために開発された超AI〈イヴ〉。それが、魔女狩りの時代から生き残る組織によって盗まれた。目的は、大規模なサイバー攻撃――AIが救済を求めたのは〈シグマフォース〉。チームはただちに作戦行動に移るが、メンバーが何者かに誘拐される事態が発生していた……「この小説には呪いが埋め込まれている」本書を読むだけで、身の破滅を招くかもしれない。読み続ける場合には自己責任でお願いしたい。――ジェームズ・ロリンズ〈あらすじ〉クリスマス・イヴ、シグマフォースのグレイ・ピアース隊長の自宅から、恋人で妊娠八カ月のセイチャンと、同僚のモンク・コッカリスの二人の娘が拉致され、モンクの妻のキャット・ブライアントが意識不明で発見された。事件は数日前にポルトガルで発生したアメリカ大使たちの殺害と関連があり、その裏には最新のAI(人工知能)の研究が絡んでいるらしい。プログラマーのマラ・シルビエラは謎の男たちに追われ、自らが開発したAI「イヴ」を奪われてしまう。ペインター・クロウ司令官の指示で調査のためヨーロッパに飛んだグレイたちは、魔女狩りの時代から生き残る組織「クルシブル」による大規模なサイバー攻撃計画を知る。そのターゲットはパリ、企みを阻止するための時間はわずかしかなかった…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン