作品詳細

アメリカ人の英語感覚がわかる15のストーリー 英語上達のためには、”イージー”であれ!
550円
英語で「とても」という意味を表すso とvery。これらの使い方の違いを知っていますか? あるいは、「聞く」という動詞のlistenとhearにも、その定義にはちゃんと違いがあることを、意識しているでしょうか?ネイティブスピーカーは、ちゃんと使い分けをしています。本書では、アメリカのウィスコンシン州出身のバイリンガルであるカン・アンドリュー・ハシモトさんが実際に体験した、アメリカ人の「英語感覚」がわかる15のストーリーをご紹介しています。「英語文化にまつわる面白エピソードならネタは尽きません。」と言うカンさんのユーモアたっぷりな語りで、シンプルな英語フレーズを学んでみませんか?【内容(一部)】●達人が教える、会話をスムーズに運ぶ「相づち」のコツ●soとveryはどっちも「とても」。違いなんてあるの? ●ほとんどの日本人が勘違いしている、listenとhearの定義の違いは? ●”What do you eat?”と「あなたは何を食べますか?」の根本的な違いとは?●”She doesn't know me.”ではなく”She don't know me.”と言う理由●アメリカ人も理解できないアメリカの英語って?! ●Do you want to ...?は「~したい?」という意味ではない? ●有名なキャッチフレーズ”I'm loving it.”は正しくない?●John、Dick、Harry ...。よくある名前の別の意味を知らないと困るかも?!●単数形なのに…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン