作品詳細

注文の多い料理小説集
709円
小説の名手たちが「料理」をテーマに紡いだとびきり美味しいアンソロジー。うまいものは、本気で作ってあるものだよ――最高級の鮨&ワイン、鮪の山かけと蕗の薹の味噌汁、カリッカリに焼いたベーコンにロシア風ピクルス……おやつに金平糖はいかがですか?物語の扉をそっと開ければ、今まで味わった事のない世界が広がります。「エルゴと不倫鮨」柚木麻子「夏も近づく」伊吹有喜「好好軒の犬」井上荒野「色にいでにけり」坂井希久子「味のわからない男」中村航「福神漬」深緑野分「どっしりふわふわ」柴田よしき【本書登場の逸品たち】塩むすびと冷たい緑茶ハルピンのイチゴ水全粒粉のカンパーニュに具を挟んだサンドイッチきときとの富山の海の幸・ゲンゲ汁生クリームと栗の甘煮のパンとアイスコーヒー食堂のカレーライスと福神漬星屑のような白い金平糖

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン