作品詳細

人狼ゲーム/デスゲームの運営人
770円
内容紹介原作&コミカライズシリーズ累計150万部突破〈人狼ゲーム〉シリーズ最新作!ついに“人狼ゲーム”の裏側=“運営人”が明かされる…!?もし、ゲームを運営する〝監視人〟が参加者に恋をしたら?疑心暗鬼が表裏で展開、果たしてゲームの行方は――?◎【人狼ゲーム】とは?ヨーロッパ発祥の伝統的パーティゲームとその亜種の総称。1)村の中には村人に扮した人狼が混ざっている。2)人狼は夜になると一人ずつ村人を殺す。3)昼は全員で相談し、人狼だと思う相手を多数決で一人選び、処刑する。4)人狼を全滅させた場合、村人側の勝利。村人側の人数が人狼以下になった場合、人狼側の勝利。〈プレイヤー〉人狼 ………毎晩、ひとりを選んで襲撃する。村人 ………特別な能力はない。人狼の全滅を目指す。予言者 ……村人側。毎晩、ひとりを選ぶ。その相手が人狼か否かがわかる。用心棒 ……村人側。毎晩、ひとりを選ぶ。その相手が人狼に襲撃された場合、守れる。霊媒師 ……村人側。毎晩、直前に処刑された者が人狼か否かがわかる。〈あらすじ〉命がけの人狼ゲーム――。参加者はネット上や「拉致」によって集められ、勝敗は富裕層による非合法な賭博の対象となっている。その現場で「運営人」のひとりとして働く正宗は、いつものように参加者を運び、機材のチェックを行い、そして――絶望した。参加者の中に、自分が過去に家庭教師バイトとして教えたことのある女子高生、夏目柚月が含まれていたからだ。彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい――。そう考えた正宗は同僚の運営人・琥太郎の助言を得つつ…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン