作品詳細

ぼくの働き方改革は、適応障害からはじまった。
438円
さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)【書籍説明】《ぼくは適応障害になりました。》ぼくたちは、毎日たくさんの「ストレス」と向き合いながら、生活をしています。そんな「ストレス」は、人によってさまざまな症状に変わり、体の調子を悪くします。なかには、仕事や生活が出来ないぐらいにまで、症状を悪化させるこころの病気があります。その一つが、「適応障害」です。ぼくは、その「適応障害」になってしまいました。そして、ぼく、あやべさんは、「適応障害」で仕事を休むことになり、働く環境を変えなければいけなくなりました。このおはなしは、ぼく、あやべさんが「適応障害」になったのをきっかけに、働き方改革をした体験談です。働き方改革と言っても、だれでも出来る簡単なことです。このおはなしが、あなた自身の働き方改革のキッカケになることをイメージして、書いてみました。そして、ぼくのようにストレスを抱え、仕事を休んでいる(休職)人が、勇気付けられればうれしいです。【著者紹介】あやべさん(アヤベサン)4回の転職経験がある、3人の子を持つパパ。週末は、こだわり過ぎる、掃除、洗濯、料理をし、奥さんに嫌がられ自称イクメンです。そんなこだわり過ぎの性格が、適応障害になった原因かもしれません。趣味は映画鑑賞と、ランニング。好きな食べ物はエビチャーハン。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン