作品詳細

おやすみ前の3分音読で嫌なことがスーッと消えるほとけさまの話
1584円
平常心を取り戻すお釈迦さまからの処方箋!「人間関係に疲れた」「大切な人と別れて悲しい」「仕事で失敗してしまった」「陰で悪口を言われた」「病から身を守れるだろうか」……誰もが嫌なこと(不安、悲しみ、怒り)を抱えて、悩みながら生きています。マイナスの感情は、こころをゆらす波です。大波か小波かにかかわらず、こころがゆれたままでいると、不安や悲しみ、怒りなどの感情が増幅されて、冷静に判断するチカラを失うものです。すると、余計に「嫌なこと」が増えてますますマイナス感情に悩まされます。そんな「嫌なこと」を乗り越えたい、気持ちをリセットしたい人は、お釈迦さまの「こころの処方箋」を試してみませんか。お釈迦さまは、2500年もむかし、「誰でも嫌なことがあるのは仕方がない」と言って、人々の悩みや苦しみに寄り添った方です。処方箋が記されたもの、お経を一話3分ほどで読める物語形式にまとめたのが本書。本書の物語を「読む」だけでも、こころに落ち着きを取り戻せますが、本書では「音読」をおススメします。「いつでもどこでも」「大きく息を吸って吐き」「ほとけさまをイメージする」これは、仏教の瞑想のポイントです。つまり、本書の物語を声に出して読むと、瞑想と同じ、こころの安定を得られるということです。忙しい現代人に長すぎず短すぎない3分間のプチ瞑想体験。就寝前などに本書を音読して心の重荷を解き、平常心を取り戻しませんか。きっと、穏やかな明日を迎えられるはずです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン