作品詳細

冥府の王は恋を謳う3 狂気への序曲
330円
仕事の失敗の連続で落ち込む歌恋は、同じ通訳者として雇われた桐島千咲の完璧な佇まいと自分をくらべて落ち込んでいた。そんな中で次第に知っていくユリウス・アドラーの、冷酷な独裁者としての顔と彼個人としての顔───その落差に歌恋は混乱する。何気ない形で少しずつ、だが確実に、四ノ宮歌恋の周囲は変容しつつあった。本人は与り知らぬままに。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン