作品詳細

ベジタブルハイツ物語
990円
アボカドはA号室、ブロッコリーはB、キャロットのC、そしてダイコンのD。アパートには野菜の名前のついたそれぞれの部屋での日常だけど微妙だけど不思議で滑稽な違和感。大家の山本さんは四人家族。両親、予備校生の息子、高校生の娘、住人たちと大家さん、みんななんとなく、のんびりな平和主義者たち。…だけど心の奥にゆっくりと積もる澱。芥川賞作家の現代風のライトでありながら、読み進めていくと丁寧で微細に描かれている世界感。だけど、そのままゆっくりと季節は巡っていく。▼著者紹介藤野千夜1962年、福岡県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、出版社に勤務。’95年「午後の時間割」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。日常を軽やかに描きながら、すべてをやさしく抱きとめるような空気感を持ち、’98年には『おしゃべり怪談』で野間文芸新人賞を、2000年には「夏の約束」で第122回芥川賞を受賞。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン