作品詳細

蕎麦湯が来ない
1400円
美しく、儚く、切なく、哀しく、馬鹿馬鹿しく、愛おしい。鬼才と奇才。文学界の異才コンビが詠む、センチメンタル過剰で自意識異常な自由律俳句集。『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』に続くシリーズ第三弾。四〇四句の自由律俳句と五〇篇の散文を収録。琴線に触れまくる言葉たち。しみじみってもんじゃない。これは自由派の記録の最終章である。誰もいない時計店で動いている針写真にうつらない月を仰ぐもう引き返せないということもないブランコに濡らされた手を拭く用途の無い棚を眺めているそうだふりかけがある*自由律俳句とは、五七五の形式を破り自由な韻律で詠む俳句のこと。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン