作品詳細

夜の谷を行く
730円
女たちが夢見た「革命」とは?連合赤軍事件をめぐるもう一つの真実に光をあてた傑作長篇。山岳ベースで行われた連合赤軍の「総括」と称する凄惨なリンチにより、十二人の仲間が次々に死んだ。アジトから逃げ出し、警察に逮捕されたメンバーの西田啓子は五年間の服役を終え、人目を忍んで慎ましく暮らしていた。しかし、ある日突然、元同志の熊谷から連絡が入り、決別したはずの過去に直面させられる。解説・大谷恭子※この電子書籍は2017年3月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン