作品詳細

電脳娼婦<新装版>
550円
わあ、暖かい。ここ、何本ぐらい指が入るんだろうね?彼は、一本、二本と数えながら、私の蜜の奥へ指を挿入しはじめた。私は電脳娼婦。罪を犯し、刑罰として、電脳空間で客をとらされているのである。ねえ、お姉さんが殺した男はね、実は、ぼくの兄だったんだ…。すごくエッチでちょっぴりせつない、エロティックSF傑作集。 ※本作品は、「電脳娼婦」を加筆修正した新装版です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン