作品詳細

経済と道徳
1188円
日本の実業界を築いた男、渋沢栄一からすべてのビジネスマン、これから社会に出る若者に贈る「成功の心得」なぜ、渋沢栄一は、約500の会社を設立・成功させることができたのか——「経済と道徳の合一主義」とは何か——本書は、渋沢翁光頌徳会が生前の渋沢栄一の口述をまとめ、死後七年にあたる昭和13年(1938年)に出版した『経済と道徳』を再刊したものである。本書の刊行から80年以上が経過しているが、現在、世界は行き過ぎたグローバリズムや強欲資本主義が蔓延し、格差がますます拡大している。全世界の富のほとんどを数パーセントの富裕層が握っているという状況である。まさにいまこそ、渋沢の卓論に耳を傾けるときがきているといえるだろう。【本書の内容】・論語と算盤一致論・天は自ら助くる者を助く・現代青年の短所と通弊・青年と責任観念・資本より信用・真の成功とは何か・予の人物鑑識法・人間処世の道・世界主義に立脚して産業の発達を期せ・事業経営に必須の条件・健全なる精神は強壮なる体力に宿る(目次より)〔※本書は現代の読者に向けて読みやすくするために、基本的に旧字は新字に改め、助詞や接続詞など一部の漢字をかなに改めた。また、難解と思われる語句には注釈を施した〕

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン