作品詳細

さくらと扇
1683円
石高わずか五千石の小藩・喜連川藩は、なぜ十万石の大名同様の扱いを受けたのか。その裏には、名門足利氏の血を引くふたりの姫君の存在があった――。秀吉、家康…時の権力者から国を守った、名門足利の血を引くふたりの姫の「女子の戦」。操觚の会×地方自治体コラボ小説第一弾。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン