作品詳細

受験生をふりまわすな! 入試大混乱
330円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。2021年1月から実施される大学入学共通テスト。この新試験で予定されていた英語民間試験の活用と、国語・数学の記述式問題の導入が、それぞれ見送られることとなった。実施まで一年を切る間際での決定に、受験生や教育現場は大混乱をきたしている。なぜこんな事態になってしまったのか――(『中央公論』2020年2月号特集の電子化)(目次より)●対談迷走する大学改革 今必要なのは、撤退と決算だ竹内 洋×佐藤郁哉●エセ演繹型思考による政策決定を駁す教育改革神話を解体する苅谷剛彦●頓挫した韓国、多面的な中国、長期的選抜のデンマーク各国も試行錯誤 「話す」「書く」英語試験事情天野一哉【激突】推進派、反対派に問う●それでも入試改革が必要な理由鈴木 寛●現場を惑わす曖昧な改変は止めよ南風原朝和●対談を終えて今井むつみ●受験生保護の大原則に従った入試制度改革を英語民間試験利用を見送った東北大学の入試設計思想倉元直樹●対談二大受験マンガ『ドラゴン桜』vs.『二月の勝者』国が投資(インベスト)すべきはトップ層か中間層か恵まれない層か?三田紀房×高瀬志帆×司会:おおたとしまさ【コラム 私と受験】●制度が変わっても、「マドンナ古文」が貫いてきたもの荻野文子●小説家への夢、インドとの因縁、呪われた執拗さは入試で養われた石井遊佳●雑書ノートの頃千葉雅也

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン