作品詳細

野良竜を拾ったら、女神として覚醒しそうになりました(涙
1265円
両親が営む宿屋で働くフロル。彼女には、ある悩みがあった。それはおよそ十年間、七歳の時から成長が止まっていること。同年代の子に気味悪がられ、学校はやめてしまったけれど、フロルは一生懸命、仕事に勤しんでいた。そんなある日、彼女は森の中で一匹の子竜と出会う。しかし、この国で平民が竜に触れるのはご法度。彼女は無視しようとするが、子竜はなぜかついてくる。仕方がないので一晩だけ連れて帰ってみたら、それが波乱な日々の幕開けで――。子竜を拾ったら、規格外の魔力が大発覚!? 無自覚チートな平民少女の、うっかりサクセスファンタジー! ※電子版は単行本をもとに編集しています。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン