作品詳細

感傷的な午後の珈琲
792円
恋のときめき、愛しい人たちとの別れ、書くことの神秘――。喜びと哀しみに身をゆだね、生きていく。生と死とエロスの世界を瑞々しい筆致で描き、読者を魅了し続ける著者の芳醇なエッセイ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン