作品詳細

高校世界史でわかる 科学史の核心
946円
ニュートンが大科学者たり得たのはなぜ? どうしてフランス革命時に諸科学が勃興した? 量子力学は歴史の偶然で生まれた? 国家の野心と研究者の探求が重なるところに、歴史の転機は訪れる。近現代史を陰で動かした諸科学の営みとそのダイナミズムを、文理の壁を超えてやさしく語る、あたらしい科学史入門。第1章 イギリス王政復古と「学会」創設    ──ニュートンはなぜ大科学者たり得たか第2章 フランス革命と化学革命    ──なぜ諸科学は動乱期に基礎づけられたか第3章 普仏戦争と「量子仮説」    ──量子力学は製鉄業から生まれた?第4章 世界大戦と核物理学    ──真理の探究はいかに歴史に巻き込まれたか第5章 変貌する現代科学    ──巨大科学は国家を超える

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン