作品詳細

隣のキミであたまがいっぱい。
隣のキミであたまがいっぱい。2【電子特典付き】

第1巻が立ち読み増量中!!
5月25日00:00~6月7日23:59まで!!

無料で読むには対象巻の立ち読みをクリック

(※購 入から読むと料金が発生します)

770円
2巻まで配信中
「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」それが周囲の思考が聞こえてしまう私・如月那緒の煩わしい力を解決する方法だそうです。しかしこの方法も完璧ではなく、キスした相手の思考だけは聞こえるままらしく……。つまり北斗さんが私にキスしてくれれば、私は雑音から解放され、二人の関係も特別なまま。しかも北斗さんは合法的に私にキスが出来る。まったくもって何の問題もないですね。だというのに、北斗さんときたら「他の方法を探そう」とヘタレなことを。ここは告白して、そっとキスする場面だと思うのですが!早く告白してずっと隣にいてくださいね?【電子限定!書き下ろし特典つき】

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン