作品詳細

さいはての家
1650円
「この世から逃げたくて仕方がない。それと同じくらい、この世に触れたくて仕方がない」(本文より)駆け落ち、逃亡、雲隠れ。行き詰まった人々が、ひととき住み着く「家」を巡る連作短編集。○家族を捨てて逃げてきた不倫カップル――「はねつき」○逃亡中のヒットマンと、事情を知らない元同級生――「ゆすらうめ」○新興宗教の元教祖だった老齢の婦人――「ひかり」○親の決めた結婚から逃げてきた女とその妹――「ままごと」○子育てに戸惑い、仕事を言い訳に家から逃げた男――「かざあな」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン