作品詳細

東京會舘とわたし
東京會舘とわたし 下 新館
799円
2巻まで配信中
芥川・直木賞の記者会見や様々なショー。連綿と紡がれる人生模様。ラストに新章を加筆した完全版。井上靖、三島由紀夫らの小説でも描かれ、コーちゃんこと越路吹雪は多忙ながら東京會舘でのショーには永く出演した。1970年代はじめに改装。平成では東日本大震災の夜、帰宅できない人々を受け入れ、その翌年には万感の思いで直木賞の受賞会見に臨む作家がいた。そして新元号の年、三代目となる新本館が竣工する。解説・出久根達郎

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン