作品詳細

異世界の剣豪から力と技を継承してみた
1320円
気がつくと異世界の砂浜に倒れていた蔵守早人(17)。襲ってきたグリフォンの攻撃を避け、どうにか洞窟に逃げ込んだ早人は、焚き火の跡から先住者の可能性を知る。洞窟の入り口で待ち伏せるグリフォンをどうしようか悩む早人は、ふと聞こえてきた声に気づく。焚き火跡のそばには、人骨や荷物、そして鞘に入った古ぼけた……剣。「……インテリジェンスソードとか?」『なんだそれは? 俺はコッズ。そこの人骨の魂だ。頼みがある。体を使わせてくれ』いきなりされた提案は、かつて豪剣帝と呼ばれたコッズ・ブルンスからのものだった!?志半ばで倒れたコッズの力を得て、異世界から地球に帰還することを目指す早人だが――。『竜殺しの過ごす日々』の著者が贈る珠玉の異世界冒険ファンタジー、開幕!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン