作品詳細

発達障害の子どもが自己肯定感を高める最強の勉強法
1386円
発達障害を持つ子どもは、人とのコミュニケーションを苦手とすることが多く、そのことが理由で自信を失いやすい傾向にあります。しかし、得意分野を伸ばしていけば、そこで才能を開花して自己肯定感を高めていく可能性も高いのです。本書では、そのための手段として勉強に注目し、勉強を得意にして受験を乗り越え、大人になっていくためのアイデアを多数掲載しています。できないことを責めるのではなく、できることを伸ばす。お子さんの成長に寄り添うための一冊です。【重要ポイント】◎子どもの自己肯定感を高めるために、できないことを叱るのではなく、できることを褒めよう◎睡眠、食事を規則正しくするように心がけよう◎集中力が続かないときは別の教科に変えたり、歩いたりして気分転換しよう◎得意な教科はどんどん先取り、苦手な教科は遡って学ぼう

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン