作品詳細

怪談売買録 嗤い猿
715円
内容紹介あなたの不思議な体験、買います――これは市中で選り集めた、限りなく生に近い恐怖の実録である……黒木あるじが地元・山形県でおこなったイベント「怪談売買所」。集まったのは、リアルな日常の影から不意に姿を現したかのような怪談の数々。大雨の夜、道に佇む母子を父親は車の荷台に乗せたが…「関山峠」、山道で出逢った異形が放つ奇妙な声「嗤い猿」、絶対に書いてはいけないと代々言われ続けてきた〈文字〉。それを記すと…「喪字」、人が亡くなる前に訪れるのモノとは…とある地区の伝承を書き留めた連作「シンがきた」など73話を収録。誰もが不思議な話や奇妙な体験談を持っている。もちろん、あなたも――。解説/宇津呂鹿太郎著者について『怪談実話 震』で単著デビュー。「無惨百物語」シリーズ、『黒木魔奇録』『怪談売買録 拝み猫』『怪談実話傑作選 弔』『怪談実話 終』など。共著には「FKB饗宴」「怪談五色」「ふたり怪談」「瞬殺怪談」「怪談四十九夜」各シリーズなど。小田イ輔やムラシタショウイチなど新たな書き手の発掘にも精力的だ。近著に小説『掃除屋 プロレス始末伝』。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン