作品詳細

フットボール批評issue26
1485円
issue26では中毒性の高い“面白いフットボール”の正体を暴く。 「勝利に優る面白さなどない」と謳われてしまえばそこで話は終了する。 フットボールがここまで繁栄したのは、 合法的にキメられる要素がその内容にあるからではあるまいか? Jリーグウォッチャーであれば現在、横浜F・マリノスが快楽的なフットボールを求道しているのはお分かりであろう。 では、“面白いフットボール”を披露する境地とはいったい何なのか? 選手、コーチの目線を通して“ポステコ病”の全貌に迫る。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン