作品詳細

成功する人は、おみくじのウラを読んでいる!
1650円
大吉、小吉、凶、などに一喜一憂してはいけません!読むべき所は「そこ」ではありません読むだけで、運が良くなり、教養まで身につく本おみくじに隠された古来からの知恵と言霊神様からのメッセージを上手に受け取る方法を教えますあなたは「おみくじ」をどう読んでいますか?開くとすぐに「大吉だ!」「凶だ!」などと一喜一憂し、その後、気になっている項目(恋愛運や財運など)を読んで、「ああ、よかった」「なんだ、残念」で終わっていませんか?それではもったいないです。肝心の神様からのメッセージを受け取っていません。「くじ(籤)」は神様の意思をうかがう方法として古くから用いられていました。たとえば、室町時代には将軍の後継者を決めるため、石清水八幡宮の神前でくじが引かれていたほどです。しかし、なぜくじなのでしょう。実は、太古の昔から人は神様の意図を正しく受け取る方法を求めてさまざまな方法を試してきました。巫女が神の言葉を聞いて人々に伝えるという方法もありましたが、これは神の声を聞くことができる特殊な能力をもった巫女がいなければできませんし、解釈を誤ると祟りを受けるという危険性もありました。仲哀天皇は神の言葉を疑ったため命を失ったと『古事記』は述べています。「うけい」という一種の占いもよく用いられましたが、やはり神意の解釈が難しく、解釈を誤ったために悲惨な結果を迎えたという話が多く伝わっています。こうした試行錯誤の末に行き着いたものの一つがくじだったのです。くじなら特殊な能力は必要ありませんし、人…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン