作品詳細

2409回目の初恋
693円
榊詩音の初恋は十一歳の頃、天文クラブのイベントで一緒に星空を見た男の子、芹沢周に恋をした。満天の星の下で、うながされるまま宮沢賢治の『星めぐりの歌』を口ずさんだことを彼女はよく覚えている。それは詩音にとって美しい思い出だった。高校生になり周と再会した時、彼女は病気で余命一年と宣告されていた。詩音は病気であることを隠し、想いを秘めたまま、周と交流を重ねていく。しかしやがて、病気のことを周に知られてしまう。そしてそれは、ふたりの、千年を重ねる物語の始まりだった――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン