作品詳細

政冷文熱のゆくえ 韓国という難問
330円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。政治関係は冷え込む一方だが、K‐POPやK‐文学の人気で文化交流は熱い。この「政冷文熱」ゆえか、好き嫌いが分かれがちなだけに韓国問題は難しい。本特集は感情論を排し、互いの論理を確認しながら、日韓関係を展望する。(『中央公論』2019年11月号特集に、9月号「『韓国という難問』をいかに解くか」、4月号「特異な実務派・文在寅のリーダーシップ研究」を合わせて電子書籍化)(2019年11月号目次より)●対談「最も近くて遠い国」の論理と心理木村 幹×浅羽祐樹●「エコノミック・ステイトクラフト」論で斬る輸出管理とGSOMIA問題の核心にある韓国の「自尊心」 鈴木一人●「部品の国産化」は可能? 不買運動で大打撃?誤解だらけの韓国経済論高安雄一●私が『反日種族主義』を書いた理由李栄薫●韓国現代文学の旗手からのメッセージ同じシーソーに乗ってピョン・ヘヨン●鼎談なぜいまK‐文学、K‐POP人気なのか金承福×きむふな×クォン・ヨンソク●佐々江元外務次官に田原総一朗が迫る日韓は一九六五年、九八年の取り決めに立ち返れ佐々江賢一郎聞き手・田原総一朗(2019年9月号より)●「慰安婦問題」の轍を踏まない対応を「韓国という難問」をいかに解くか浅羽祐樹(2019年4月号より)●なぜ日本を軽視するのか? 特異な実務派・文在寅のリーダーシップ研究 木村 幹

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン