作品詳細

午後の砲声
  • 【期間限定】第1巻が 660円⇒330円!2月4日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
330円
パレスチナ解放勢力とイスラエル軍がきびしく対峙するレバノン南部――日本人ジャーナリスト峯元彦は、PFLPのコマンド隊の軍事行動に参加。銃弾の飛び交うベカー高原、火を吹くカラシンコフ自動小銃、轟く対空砲火……。戦争の悲惨さと人間解放の困難さを目の当りにした峯は、それでも戦火の中で真の自由と解放を獲得する道を探し求めた。戦火のレバノンで戦う男たちの革命と愛の讃歌!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン