作品詳細

明智光秀 牢人医師はなぜ謀反人となったか
836円
文武兼ね備えたエリート武将は、いかに本能寺の変へと追い詰められていったのか。牢人医師としての出発点から、延暦寺焼き討ちで見せる冷酷さ、織田家中における異例のスピード出世、武官としての比類なき実力まで。近年急速に進む光秀研究の成果を踏まえ、謎多き素顔に英雄史観・陰謀論を排し、実証的に迫る。気鋭の中世史家による、渾身の一作!序章 新時代の子供たち第一部 明智光秀の原点第一章 足利義昭の足軽衆となる第二章 称念寺門前の牢人医師第三章 行政官として頭角を現す第四章 延暦寺焼き討ちと坂本城第二部 文官から武官へ第五章 織田家中における活躍第六章 信長の推挙で惟任日向守へ第七章 丹波攻めでの挫折第八章 興福寺僧が見た光秀第三部 謀反人への道第十章 領国統治レースの実態第十一章 本能寺の変へ終章 明智光秀と豊臣秀吉

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン