作品詳細

プラトン哲学への旅 エロースとは何者か
891円
愛することが哲学だえっ!? 紀元前のアテナイでソクラテスと愛について対話する?当代一のプラトン研究者が、名著『饗宴』を再現して挑む、驚きのギリシア哲学入門書!本書は、哲学者プラトンの代表作で、古代ギリシア語の散文作品として名高い『饗宴』のなかに、語り手の「私」(「現代からの客人」)が列席し、ソクラテスら演説者たちと「愛(エロース)」をテーマに競演する、類を見ない教養新書である。「哲学(フィロソフィア)」という言葉は「知(ソフィア)」を「愛し求める(フィレイン)」という意味の合成語。哲学=愛であることが、いま明かされる。第一話 誘う――アカデメイアに立つ第二話 競う――恋愛とはどんなものか第三話 求める――欲望は満たされるか第四話 出会う――美のイデアを目指して第五話 乱れる――愛することが哲学だ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン