作品詳細

イランvsトランプ
880円
トランプ大統領がイランを目の敵にする理由とは――2019年に入り、イランとアメリカの関係はますます緊迫し、これに伴い6月に行われた安倍首相のイラン訪問も成功とはいえない結果となりました。本書は、背景にあるエネルギーをめぐる争い、陰で蠢くイスラエル、サウジアラビア、中国の存在など、日本のメディアではほとんど報道されていない国際情勢を解説します。世界の政治状況を読み解き、日本の立ち位置を考えるきっかけとなる一冊です。【目次】第1章 トランプの中東政策の合理性第2章 福音派とイスラエルの「記録男」第3章 イランとアメリカの因縁第4章 蜃気楼上の王国──サウジアラビア第5章 アメリカ政治の新しい潮流【著者プロフィール】高橋和夫(たかはし かずお)国際政治学者。福岡県北九州市生まれ。大阪外国語大学ペルシア語科卒業。コロンビア大学国際関係論修士。クウェート大学客員研究員等を経て、現在、放送大学名誉教授。『中東から世界が崩れる』(NHK出版)ほか著書多数。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン