作品詳細

陽だまり翔馬平学記
陽だまり翔馬平学記 独眼龍の夢
770円
2巻まで配信中
極悪な老中の陰謀に、姫の守り人絶体絶命!面妖な術を遣う美少年が江戸に現れた。美少年は宗門改方からキリシタンを救うと、天草四郎の生まれ変わりを名乗ったという。時を同じくして、伊達政宗の命でイスパニアとローマに派遣された支倉常長の孫・常信が、若き軍学者・沢村翔馬の塾に入門する。一方、公家の美姫・由布の許には、父・飛鳥小路大納言からの文が届く。江戸に下向するので会いたいらしい。翔馬と由布の周りが騒がしくなる中、仙台藩六十二万石を改易に追い込もうと、老中・松平信綱とその腹臣・朽木誠一郎は、政宗直筆の「倒幕の密書」を手にすべく、陰謀を巡らせる。姫の守り人が正義の刃を揮う、人気シリーズ第2弾! 沢村翔馬…元摂津国伊丹藩士。伝家の宝刀「鬼丸」を持つ。由布…書道と和歌、お菓子作りが得意な公家の姫。お滝…京都びいきで、江戸の悪口を言う。野郎歌舞伎を観るのが趣味。朽木誠一郎…林羅山の門下生で、兄弟弟子の翔馬に敵愾心を抱く。松平信綱…「知恵伊豆」と呼ばれ、政敵・保科正之の失脚を企む。保科正之…陸奥国会津藩藩主。徳川幕府最高実力者である大政参与を務める。甚五郎…足利将軍家の忍び「室町組」棟梁。普段は飛脚問屋「室町屋」の主。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン