作品詳細

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 名月怪談
671円
「次の百物語では必ず怪異が起こる――」時は文政。推当物が評判の女戯作者・鉢野金魚は、武家の女・只野真葛、貧乏戯作者・本能寺無念らとともに、怪異の謎を解き明かすべく、亡魂が現れるという百物語に参加するが……江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が謎を解く!人情と謎、嘘と真実、諦め難い切なき恋情――読み心地抜群の大人気時代小説シリーズ、待望の第五弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン