作品詳細

吾輩はモブである
715円
狼馬市――この街では【作家】たちが【主人公】たちの行動を観察し物語を書くという奇妙なことが日常的に行われていた。それは、ある大作家の大いなる遺産を継ぐため。そんな中、ただひとりモブキャラを自称する少年がいる。「中島勇気郎! あなたは【主人公】になるのよ! 」「お断りします」これは主人公たちが活躍する街でモブキャラという立場を守り続ける、ひとりの少年の物語にすらならない、ただの日常である――

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン