作品詳細

恋の穴におちた。
715円
「おとなりさん、ですか?」私、小説家の牛老丸華菜が住むマンションに突如空いた謎の『穴』。その『穴』の先に美しい顔があった。一瞬上手な絵画かと思った。そのぐらい非現実的な美貌。小学生、つまり十歳ほどの男の子のようだ。「あのう……」知夫、と名乗る美しい顔の少年は、無言でただ見とれている私におずおずと呼びかける。そして、小動物のように首を傾げていた。それが、すべての始まり。私と彼の、何とも表現しづらい、奇妙な交流の幕開けだった。日日日が贈る、究極の『愛』が綴られた物語。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン