作品詳細

4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術
1386円
4000万人という日本最大級の「購買データ」を毎日分析しつづけ、「楽天スーパーSALE」で1週間に683億円という過去最高益を叩き出した大原氏によると、売上を伸ばせない最大の理由は「売上の正体」を知らないからだと言います。売上=「訪問数」×「転換率」×「客単価」これが、「売上の正体」です。これを知らずにがむしゃらに売上を伸ばそうと思っても、効果に直結することはありません。もっというと、売上が出ない人の典型的なパターンは、「お客がこないから売れない」「安くしないから売れない」など、「訪問数」や「客単価」を間違えているから売れないと「勘違い」していること。本当に改善すべきは圧倒的に「転換率」にあると指摘しています。転換率=「商品を見たお客(訪問数)のうち何人が買ってくれたかという確率(%)」大原氏は4000万人の購買データを分析しつづけ、ちょっとしたことに意識を向けるだけで、誰でも転換率が上がる方法を突き止めました。ちなみに、楽天の「肝」ともいえる購買データの閲覧が許されていたのは、社員のほんの1%にも満たないごく一部の人のみ。その情報が通常、表舞台に出ることはまずありえません。そんな貴重なデータが私たちに示してくれた「超具体的なノウハウ」とはいったいどんな方法なのか?それだけでもビジネスマンなら読んでおきたい貴重な一冊です!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン