作品詳細

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング 映画に出てくる犬だけレビュー
799円
犬なくして映画は語れない!映画と犬好きの漫画家 惑星シベルが、映画に出てきた“犬”だけをレビュー。『ウォレスとグルミット』など犬が主役の映画はもちろん、『ロッキー』の愛犬バッカス、『マスク』の相棒マイロ、さらにはワンシーンだけしか出てきていない犬や、主人公を窮地に追い込む犬でさえ愛でてしまう、犬への偏愛が詰まったコミック・エッセイ。幻冬舎plusの連載『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング』で2019年1月から7月に公開された記事に、書き下ろしの回や描き下ろしイラスト「グッド・犬・チェキ」を加えて再編集した、映画フリーク&犬フリーク必携の1冊です。<目次>・犬が出てくるシーンに無駄はない。『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』・愛犬バッカスなしでロッキーは語れない。『ロッキー』・次から次へと畳み掛けるグッド・犬・シーン。『マスク』・ジジイ側からすると最っ高の犬。『ドント・ブリーズ』・愛くるしすぎるビーグル。なのに……。『ジョン・ウィック』・ピットブルの優しさが沁みわたる。『ジョン・ウィック:チャプター2』・主演・子ブタの犬映画。『ベイブ』・犬の言いたいことが全て伝わってくる。『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』・可愛すぎる死神犬。『ビートルジュース』・信じられるのはもはや犬だけ。『クリーピー 偽りの隣人』・健康への第一歩はまず犬から。『50/50 フィフティ・フィフティ』・二度と忘れない名前の犬。『アンダー・ザ・シルバーレイク』・ロビン・ウィリアムズに感謝が止まらない。『ミ…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン