作品詳細

終の航路
1210円
必ず生き延びる。飢えても、騙しても、殺しても。海面が上昇し、陸の大部分が水没した近未来。生き別れの娘を救うまで、残された時間はあとわずか――海面が上昇し、陸の大部分が海に沈んだ2130年。マイラは小舟で島を転々としながら、生き別れの娘ロウを捜している。7年前、身重のマイラを置いて、夫は娘だけを連れて逃げた。あるとき、その娘が北の辺境で生きていることが判る。そこは武装集団の支配下にあり、年頃になった少女達は一斉に“繁殖船”に乗せられるのだという。マイラは一路北の果てへ向かった――すべてを賭け、娘を救うために。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン