作品詳細

異世界温泉であったかどんぶりごはん
異世界温泉であったかどんぶりごはん1
990円
幼い頃に異世界トリップした真嶋恵理三十歳。トリップ以来、恩人とその息子を支えようとアラサーになるまで最強パーティ「獅子の咆哮」で冒険者として頑張ってきた、が……その息子に「ババァ」呼ばわりされたので、冒険者を辞めることにした。「これからは、好きなことをやろう……そう、この世界に米食を広めるとか!」ただ異世界の米は長粒種(いわゆるタイ米)。「食べやすいようにどんぶりにしてみようか」食べた人をほっこり温める、異世界あったかどんぶりごはん屋さん、開店です!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン