作品詳細

もしものプロ野球論
880円
84歳、まだまだボヤキ足りないノムさんが、ついにスポーツにおいて禁断の「たられば」に踏み込んだ!・もしも江川卓が高卒で阪急に入団していたら…・もしもイチローが自分が指揮を執るチームにいたら…・もしも南海の本拠地が大阪球場ではなかったら…・もしも野村克也がいなかったら…最新の話題から昔懐かしい昭和のプロ野球まで、約200ページにわたって縦横無尽に語りつくす一冊です。2019年も佳境に入ってきたプロ野球観戦のお供におすすめ!【目次より抜粋】■もしも高津臣吾に「遅いシンカー」を教えていなければ…■もしも山内新一が巨人から南海に移籍していなければ…■もしも入団テストで「ズル」をしていなかったら…■もしも田淵幸一がキャッチャーをやっていなかったら…■もしも長嶋茂雄が約束どおり南海ホークスに入団していたら…■もしもテッド・ウィリアムズの著書に出会っていなければ…■もしもメジャーが球団数を増やしていなければ…【著者プロフィール】野村克也 (のむら かつや)1935年京都府生まれ。京都府立峰山高校卒業。54年、テスト生として南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。3年目でレギュラーに定着すると、以降、球界を代表する捕手として活躍。70年、南海ホークスの選手兼任監督に就任。78年、選手としてロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に移籍。79年、西武ライオンズに移籍、翌80年に45歳で現役引退。三冠王1回、MVP5回、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、ベストナイン19回。通算657本塁打は歴代2位の記録…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン