作品詳細

明治維新に不都合な「新選組」の真実
946円
土方歳三戦没150年…新選組は「賊軍」「敗者」となりその本当の姿は葬られてきたが「剣豪集団」ではなく、近代戦を闘えるインテリジェンスを持った「武装銃兵」部隊だった!いまこそ「官軍の正義」を疑え!「新選組の歴史」が変わる!初公開を含む「豊富な図版点数」を収録。いまこそ「新選組」の本当の姿をお伝えしよう◆ 長州&土佐は上洛直後の新選組のスカウトに動いた◆ 新選組は剣豪集団ではなく「武装銃兵」部隊だった!!◆ 「俺たちはいくらでも近代戦を戦える!」―――――そう語ったと読み取れる土方歳三の言葉とは!?◆ 新選組の組織と理念は、本当は芹沢鴨が作った?◆ 近藤勇より格上の天然理心流師範が多摩に実在!◆ 新選組は幕末アウトロー界の頂点に君臨していた!?◆ 幕末の「真の改革者」はみな江戸幕府の側にいた!!ともすると幕末・明治は、国論が「勤王・佐幕」の2つに割れて、守旧派の幕府が、開明的な近代主義者の「維新志士」たちによって打倒され、「日本の夜明け」=明治維新を迎えたかのような、単純図式でとらえられがちです。ですが、このような善悪二元論的対立図式は、話としてはわかりやすいものの、議論を単純化するあまりに歴史の真実の姿を見えなくする弊害をもたらしてきました。しかも歴史は勝者が描くもので、明治政府によって編まれた「近代日本史」は、江戸時代を「封建=悪」とし、近代を「文明=善」とする思想を、学校教育を通じて全国民に深く浸透させてきました。そんな「近代」の担い手たちにとって、かつて、もっとも手ごわかった相手が新選組でした。…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン