作品詳細

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951‐1997
2750円
作編曲家として駆け抜けた46年の生涯とその功績を、 生前関わりのあった著名人たちの証言とともに紐解く。 [撮り下ろしインタビュー掲載] 大江千里、大沢誉志幸、辛島美登里、くま井ゆう子、 小室哲哉、松田聖子、松本隆、八神純子、渡辺美里(五十音順)ほか多数! 大村が生まれ育った福岡でも取材を敢行。 生い立ちから晩年に至るまでをつまびらかにし、 大村とともに多くのヒット曲を生み出したディレクター、 エンジニア、そしてミュージシャンからのコメントも多数掲載。 また業界誌『オリコンORIGINAL CONFIDENCE』 96年2/26号での大村雅朗氏本人の 生前ラスト・インタビューを特別掲載! さらに1,600曲を超える編曲作品リストも! ! 大村雅朗(おおむらまさあき) 1951年生まれ、福岡県出身。幼少の頃からピアノを習い、中学・高校では吹奏楽部に入部。 高校3年時には部長として全国大会に出場。高校を卒業後、ネム音楽院に1期生として入学、 その後はヤマハ音楽振興会九州支部のスタッフを経て78年に上京。 同年、八神純子の「みずいろの雨」の編曲を手がけ、一躍ヒットメーカーに躍進。 中でも作曲・編曲を手がけた松田聖子の「SWEET MEMORIES」は後世に残る名曲となった。 97年、肺不全のため46歳の若さで死去。 日本のポップス界が大村雅朗という天才アレンジャーを失った代償は計り知れない。 [代表曲] 八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」、石川ひとみ「くるみ割り人形」、山口百恵「謝肉祭」、 石野真子「思いっきりサンバ」、松田聖子「青い珊瑚…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン