作品詳細

明治はいから洋食お嬢さま
715円
「おいしい」その言葉は、人生を変える。――時は明治。子爵の娘ながら剣道や柔道が達者なおてんば女学生・花城沙織は、ある日、女学校のマナー講習で「安くて美味しい」がモットーの大衆洋食の名店《自由軒》のシェフ・草林寛治が作った洋食を口にする。そのあまりの美味しさに言葉を失った沙織は、「みんなを笑顔にする美味しい料理を作って、自分の店を開く」という大志を抱き、《自由軒》の門を叩く。なかなか寛治に弟子入りを認めてもらえない沙織だったが、再三通い詰める沙織の熱意と、彼女の持つ「一度食べたメニューを自分の手で再現できる」という才能を買われ、なんとか弟子入りを認めてもらえることに。厳しくも充実した修行の日々が始まった――のだが、その姿を見ていたクラスメイトで公家の血を引くお嬢様・西園寺みさに、華族の令嬢がすることではないと揶揄されてしまい……⁉

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン