作品詳細

すべては装丁内
693円
著・装丁=木緒なち本の装丁の奥深い世界を、現役の作家兼装丁デザイナーが描く!「何なの、あのドSデザイナー!」学央館書房の新人編集者・甲府可能子は憤っていた。編集長から紹介を受けた装丁デザイナー、烏口曲に企画していた詩集の装丁を即刻で「やらない」と断られたからだ。曰く、可能子の装丁に対する考えの甘さが原因らしいが……実はこの烏口、理路整然に上から目線で仕事を選ぶ、業界内でも有名なドS&偏屈男だった!果たして可能子は無事装丁の依頼を引き受けてもらい、本を刊行できるのか?装丁の奥深い世界、そして今を働くすべての人に勇気をお届けする、お仕事エンターテイメント!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン