作品詳細

人口論
990円
人口は等比級数的に増加するが、食糧は等差級数的にしか増加しない――。人口急増期を迎え、人口増こそ富める国の証しとされた18世紀ヨーロッパで、その負の側面に切り込んだマルサス。ケインズが「若々しい天才の作品」と評した論争の書は、今なお人口問題を考えるうえで多くの示唆に富む。〈解説〉藤原辰史

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン