作品詳細

一粒の麦 井深八重メモアール
657円
井深八重さんは22歳のときにハンセン病と誤診され数奇な運命に翻弄された挙句、心機一転ハンセン病者への看護と奉仕活動に一身をささげつくした人です。遠藤周作の小説「わたしが捨てた女」のモデルともいわれています。イエス・キリストに対する全き信服と他者愛に裏打ちされた自己犠牲と忍苦に貫かれたその生涯は地味なもので華やかさとは無縁でした。後年、社会に高く評価されヨハネ23世教皇からの聖十字勲章をはじめ国際赤十字からの看護婦にとっては最高の名誉とされるフローレンス・ナイチンゲール記章の受賞等々多くの栄誉に輝きましたが聖句「一粒の麦」に一生を托した八重さんの目には、それらは果たして、どれ程の価値に映じていたのでしょうか。社会の片隅でハンセン病者と共に懸命に生きた一人の看護婦として晩年、アメリカの週刊誌「ライフ」に「マザーテレサに続く日本の天使」と紹介されるなどテレビ新聞等のマスコミでも取り上げられ喧伝されましたが、それらは果たして自身の本意にかなうものだったのでしょうか。「御摂理のままにと思い忍びきぬ なべては深く胸に包みて」この句に込められた思いこそが真情の吐露であり切なる願いであったに違いありません。そして患者達から「母にもまさる母」と慕われたことが八重さんにとっては何よりの誉れだったのではないでしょうか。本書は小説であり本人自身の回顧録ではありません。記述されている内容には多分にフィクションが含まれていることをご承知おきください。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン