作品詳細

日本人の夜明け 第十巻 「死後」の使命を知るもの
330円
認知症も増えていますが、そういう認知症のままで死ねば、どういう「あの世」が待っているでしょうか。 しかも、遺された子や孫のなかには、そういう親の年金をあてにした、いわゆる「ひきこもり」も増えています。  またごく普通のサラリーマンにしても、定年後は、生き甲斐もなく支えるよりは、支えられる人間になっていきます。 そういう日本人に、どういう夜明けがあるでしょうか。 そういうわけで、「日本人の夜明け」最終巻の第十巻では、「あの世」の使命を紹介しています。天国の造り方、天国の支え方。そういう仕事を覚えれば。あの世でも失業することはありません。ご参考にしてみて下さい。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン