作品詳細

「運命の恋」のはずなのに、どうして私の彼氏じゃないんだろう
1320円
デートした男と音信不通になり、“人として自滅する”ほどの失恋をした著者がつづる、愛したい&愛されたい欲求全開のエッセイ。何度恋が報われなくても、やっぱりまた、人を好きになってしまう。ソファに座って「こっちおいで」って言ってくれて、抱きしめてくれる人が現実にいたらもう最強。大きな安心感で、嫌なことも辛いことも吹っ飛ぶのに。最後にありのままの自分を愛してくれる「運命の人」に出会うまで、素敵な恋を思い描くことはやめられない。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン