作品詳細

三つの小さな物語と……
440円
小春日和・・・娘が結婚した翌日の秋の日。60を過ぎ定年も間近に迫った敬介が、ひだまりの縁側で、歳の離れた妻とゆったりとお茶を飲みながら、ふと昔を懐古したりしながら、改めて妻に感謝の念を懐き、デートに誘い、ハプニングを思いつく。他3編

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン